Columbia University Japanese Language Program

Harumatsuri 2008 (2008年日本語学科春祭り Japanese Program’s Spring Festival)

日時: 4月11日(金)午前10時開場  10時半開始 
場所: 413 Kent Hall

Date: Friday, April 11th. Doors open at 10 am. From 10:30-
Place: 413 Kent Hall

 

 

 

司会 Hosted By 
チェルシー・シーダー (Chelsea Shieder)、チュンヤイ・ワン (Chun Yai Wang)

10:00 開場 Doors open
10:30 開会の挨拶 初めの言葉  深井美由紀 日本語科講師

学生による発表

10:35 作文(さく ぶん) (1年生 ノンインテンシブ) Essay contest: First-year students (non-intensive)
「日本のホストファミリー への自己紹介の手紙」
Elementary Japanese students write and present essays titled: “A self-introductory letter to a Japanese host family”
Elementary Japanese 
「日本のホストファミリーへの自己紹介の手紙」

第1位 キョル・コー (Kyul Ko)

第2位 トレバー・ローン (Trevor Rhone)

第3位 ミスン・リム (Mi Sun Lim)

第3位 ジョナサン・シャルフィ (Jonathan Shalfi)

10:45 作文(さく ぶん) (1年生 インテンシブ) Essay contest: First-year students (intensive)
First-year Japanese students write and present essays

一年生作文
第1位 スー・ジュー (Su Zhu) 「わたしのそふ」

第2位 シンティン・リン (Shing-Ting Lin) 「わすれられない思い出--阿里山にのぼったこと」

第3位 ジャッキー・アン (Jackie Ahn) 「歌を歌う」

入賞 オリビヤ・シー (Olivia Shih) 「ほしいせいかつ」

入賞 ダニエル・デシモーヌ (Daniel De Simone) 「Big Mike vs. Big Boss Osaka」

 

 

11:10 紙芝居(か みしばい)(2年生)
Kamishibai, “Paper theater”: Second-year students perform traditional Japanese storytelling.

第1位 トレイシー・フイン 「金の心」

第1位 エマ・ディアーズ 「外人のヤクザ」

第2位 アンドリュー・ボイド 「勉強熱心な草というリス」

第3位 エドソン・ワン 「神様と質問太郎の物語」

入賞 メアリー・ガデミ 「あつこ と てつや」

 
   

 

11:35 俳句・川柳・短歌 (3年生)
Haiku, Senryu and Tanka: Third-year students present Japanese poetry they wrote.

第1位  坂本千怜 俳句 桜の木、心の日本、植える父
第2位  セジュン・キム 川柳 母ちゃんの つべこべ小言 耳通過
第3位  ドンユ・ワン  俳句 池の月 冬の息吹で 瞬ける
入賞   ミア・ルイス  短歌 ふわふわと 天井へ浮く 水蒸気  触ると消える いるのにいない

俳句、短歌、川柳の作品はこちらで公開し、投票を受け付けました。

   

11:50 1-3年生審査員講評 Comments from judges First - Third Year (五十音順、敬称略)

美穂・ウォルシュ(ミホ・ウォルシュ、ドナルド・キーン・センター)
Miho Walsh (Donald Keene Center)

アムネット・ニューヨーク (Amnet New York, inc.)

鈴木祐子 (すずきゆうこ、在ニューヨーク日本総領事館領事)
Yuko Suzuki (Consul, Consulate-General of Japan in New York)

長谷川乃扶子(はせがわ のぶこ、ラガーディア芸術高校外国語科)
Isao Okuda(Japanese Instructor, Fiorello H. LaGuardia High School of Music & Art and Performing Arts)

12:05 教室移動/昼食 413 Kent から403Kentへ Classroom change from 413 Kent to 403 Kent

1:05 白戸一郎日本語学習基金奨学金 受賞者発表 Presentation of The Ichiro Shirato Fund For Japanese Language Study Scholarships

 

Andrei Dinu-Ionita (アンドレイ・ティヌヨニツァ) Daven Farnham(ダベン・ファーナム)

 

 

1:10 トリビアの泉(いずみ)(4年生)
Trivia: Fourth-year students present entertaining trivia (a popular Japanese TV show).

第1位 マイケル・マッカーティー、ショウ・ハンイ 「フォーチュンクッキー」
第2位 康友里奈、ウーソク・シム、山本蔵人 「アーチェリー」
第3位 アリソン・ケード、チェルシー・シーダー 「トリビアいろいろ」

 

 


1:50 落語(5年生)
Rakugo, comic dialogue: Fifth-year students perform traditional Japanese comic storytelling.

第1位 ヒーキョン・ファン
第2位 和田 賀奈子
第3位 デービッド・コーツ


落語(らくご) あらすじ      
1. Kanako Wada 和田 ( わだ ) 賀奈子 ( かなこ )  愛宕山  "Atagoyama"
This classic rakugo story revolves around a mountain in Kyoto called, "Atagoyama. " Given the pleasant weather, the wealthy man, the taiko-mochi (a man whose job it is to carry the drums for the geisha), and the group of geisha all decide to go hiking on Atagoyama. Despite the great view and scenery, it is rather an exhausting walk. Midway, they decide on having lunch. And a little later, the two men begin playing a game known as, “kawarake-nage,” where they throw the kawarake (small clay disks) into the valley while aiming at a specific target. But soon, even this game becomes boring for them and the rich man starts throwing some money instead. The taiko-mochi who passionately desires to collect all this money comes up with a very clever plan and…. (The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Kanako Wada )

2 . David Coates デービッド・コーツ   目黒のさんま  "Meguro no Sanma"
"Meguro no Sanma" begins with a lord of a village outside of Edo on a day trip to the country side.  Upon arrival in Meguro, the lord becomes extremely hungry, and catches a whiff of roasted Sanma--a food of commoners.  Covered in grease and roasted with salt, the lord becomes enthralled with the dish, and demands it several days later after returning to the castle.  The servants fear that the heavy grease will irritate the delicate pallet of their lord, and steam it to remove all its fat.  The lord's reaction the Sanma is a bit different this time around... (The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, David Coates)

3. Heekeung Hwang  ヒーキョン・ファン   後生鰻   "Gosyo-unagi"
"Gosyo-unagi" is a story of an elderly man who is a devout Buddhist. He strongly objects to taking life of any living creatures, so he does not even kill mosquitoes when bitten by them. He pays his own money to save the life of animals whenever he sees somebody killing them. One day, while walking down the riverside, he runs across an eel shop where the owner of the shop is about to kill an eel to sell … (The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Heekeung Hwang)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2:15 4-5年生 審査員講評 Comments from judges 五十音順、敬称略

青木 健(あおき けん、ドナルド・キーン・センター)
Ken Aoki (Donald Keene Center)

ドナルド・キーン(ドナルド・キーン・センター)
Donald Keene (Donald Keene Center)

倉地暁美(くらちあけみ、広島大学大学院教育学研究科)
Akemi Kurachi (Hiroshima University, Intercultural/Transcultural Education)

ハルオ・シラネ( EALAC、 日本文学)
Haruo Shirane (EALAC, Japanese Literature) 

近鉄インターナショナル・トラベル・コンサルタンツ・カンパニー 
(Kintetsu International Travel Consultants Company) 



2:30 日本語科ディレクター 挨拶 ナジキアン富美子 Remarks by Japanese Language Program Director Fumiko Nazikian

2:35 表彰式 Awards Ceremony

3:00 終わりの言葉 東アジア言語文化学部 ポール・アンドラー教授
Concluding Remarks by Wm. Theodore and Fanny Brett de Bary and Class of 1941 Collegiate Professor of Asian Humanities Paul Anderer

Amnet New York, inc (アムネット)
@Tabit (@たびっと)
IPS Productions LLC
Itochu International Inc (伊藤忠商事)
Kintetsu International Travel Consultants Company
Ricoh Americas Corporation(リコー)
TIC Akean Group
Tokyu Hotels Co., Ltd
TTA, INC. New York


FUJISANKEI COMMUNICATIONS INTERNATIONAL, INC.
ITO EN (North America) Inc. (伊藤園
Kodansha Americas講 談社
Nippon Express USA, Inc. (日本通運
JAPAN NETWORK GROUP, INC (TV Japan). (テレビジャパン
Urasenke Chonoyu Center of New York (裏千家茶の湯センター)


後援(こうえん)
ドナルドキーン日本文化センター  Donald Keene Center of Japanese Culture (DKC)
中世日本研究所 Institute for Medieval Japanese Studies
Department of East Asian Languages and Cultures(EALAC)
Language Resource Center(LRC)
在ニューヨーク日本国総領事館

ご協力ありがとうご ざいます。

学生ボランティア(学年五十音順)
ダニエル・ケリー(Daniel Kelly)(4年生)
康友里奈(Yurina Ko)(4年生)
山本蔵人(Klaus Kuraudo Yamamoto Hammering)(4年生)
パトリシア・スラッタリー (Patricia Slattery)(3年生)
ミア・ルイス (Mia Lewis)(3年生)
セサー・アギラー (Cesar Aguilar) (2年生)
クリスティナ・オレニック (Chiristina Olenick) (2年生)
メアリー・ガデミ (Mary Ghadimi) (2年生)

About Us |Contact Us | ©2007-2010Columbia University