Columbia University Japanese Language Program

2009俳句・川柳・短歌コンテスト (2009 Haiku, Senryu, Tanka Contests)

コロンビア大学日本語三年生の学生たちが作った俳句、川柳、短歌です。182名の方に投票していただきました。ご協力有難うございました。
コロンビア大学 岡本桂子 畠山 衛

1. 俳句の部

  投票数
作者
作品番号
27票 とうきびに ハーモニカふく 空とおく カタリーナ・リー #09
23票 試験あと 痛みを知らず 桜咲く エリック・リン #01
19票 朧月 酒飲ひとり 影と舞う ユイン・ワン #20
  16票 新雪の 静かな明かり キラキラと エイプリル #23
  16票 赤い顔 鍋を見ている 笑い顔 ダニエル・デシモーヌ #18
  10票 汚れ雪 心痛むや  また歩く         アイリーン #02
    うちの猫 冬の寒さで 暖かい エマ・ディアーズ #07
    やまぶきも こいにおちいる はるのかぜ ジュービン・パク #25
    睫毛から 氷が落ちる 冬の涙 コーリ・ベントン #24
    ほこり風 とじる目なみだ 渡り鳥 ジーワン・ワン #10
    暖かに 顔に向かうは 春の風 チャン・イーシャン #15
    芽が出てる 木の下遊ぶ 子の笑顔 シンティン・リン #21
    琵琶湖から 丘のぼるとき 草紅葉 ルーク・トンプソン #11
    白い山 お茶冷たくて 温泉へ アンドレイ・ディヌ・ヨニツァ #19
    白い山 熱いぜんざい 日本の冬 メアリ・ガデミ #06
    白い朝 電話がかかる スノー・デイ? ネイト・クリスチャン #16
    暗き夜 花火散ばる やや余韻 アルフレッド・ラム #17
    さくら咲く  夢みたい花 ねむくなる ユー・ヤン #22
    手が痛い ペカン落ちると パイ作る ステイシー・エリクソン #03
    もも色の ほほへ取りあげた スカーフを キャシー・ジャン #13
    恋の末 涙が浮かぶ 梅雨入りや アミン・ガデミ #04
    冬の風 窓外歌や カー・アラーム グレッグ・スコット #05
    りす二羽や  暖かい午後 喧嘩してる                   チュイ・カイヒン #08
    あたたかく なった春来た 雨におい マギー・ゴールドバー #14
    椿花 ロスは夕焼け 鮭の尾や ニナ・ダシー #12

2. 川柳の部

  投票数  
作者
作品番号
25票 スタンバイミ あなたいないと かねもない ジュービン・パク #01
18票 川柳を 書く時間など ありません ネイト・クリスチャン #11
17票 税関で 外人指紋 ヨン様も? アミン・ガデミ #05
  15票 東大寺 見たいけど鹿 地図食べた メアリ・ガデミ #14
  12票 ATM へ 行けばさよなら またお金 カタリーナ・リー #15
  11票 かねとはる ニューヨークに まだ来ない ユー・ヤン #12
    甘い物 いつも別腹 さ、痩せなきゃ アイリーン・コンベイ #10
    母電話 久しぶりだから 出たくない ダニエル・デシモーヌ #04
    人生が 短すぎるよ 恋するな コーリ・ベントン #07
    けんかして、やり直してや、またけんか。 アンドレイ・ディヌ・ヨニツァ #17
    レストラン 涎呑み込む コンビニへ アルフレッド・ラム #18
    宿題は いぬが食べちゃった ほんとだよ マギー・ゴールドバー #20
    毎日の 嬉しい事や お弁当 グレッグ・スコット #02
    朝起きて 作った弁当 腐ってた シンティン・リン #09
    君のビール 君と同じだ 汗でてる   ステイシー・エリクソン #24
    クリアまで 食べない寝ない ポケモンだ ジーワン・ワン #03
    彼女には 「僕はセクシーだ」 答え「うそ」 エマ・ディアーズ #06
    告白中 こいっちゃたんだ 大おなら キャシー・ジャン #13
    朝寝坊 おふくろ叫ぶ こら起きろ ユイン・ワン #16
    スーパーで 一個をとると ゆずすべり ルーク・トンプソン #19
    弟は かわいかったが 今うるさい エイプリル・トラスティー #08
    夢に飲む おきると飲みたい 金がない エリック・リン #22
    バイ・バイ後、二年ぶりだね、今元気? チャン・イーシャン #21
    総長や 不況を思う 金色の道で チュイ・カイヒン #23
    四時までに 川柳を書く 散歩する ニナ・ダシー #25


3. 短歌の部

  投票数  
作者
作品番号
25票 たんじょうび 蛍と一緒 踊ろうよ 家の後ろに 小さな世界 キャシー・ジャン #21
23票 空いている 古き屋敷で 思い出す 祖父の微笑み 子供の遊び アルフレッド・ラム #09
21票 誕生日 何が欲しいの 聞いたなら あなたの心 という答え  ジュービン・パク #25
  19票 いつも見た 見なれる景色 夢のなか なん度も現れ 遠いふるさと ユイン・ワン #14
  18票 アメリカで ショウロンポウを 食べる時 心の中に 台北浮かぶ チャン・イーシャン #01
  10票 春様へ  最後の手紙 雪姫の 隠される心 根室の桜 ユー・ヤン #16
    桜の木 木陰で憩う 二人だけ 桜の花は なぜ咲き残る エマ・ディアーズ #06
    話せない 目が見られない 苦しいが 毎日君を 見るかいがある コーリ・ベントン #07
    今までの 学費は全部いくらでしょう?そのお金なら 家を買えます カタリーナ・リー #12
    深夜かな いつのまにか 月が咲く ねられなくなる しずかさをさわる ニナ・ダシー #24
    「忘れてた」  と言った。でも。 それうそだ。ベトナムの汗、忘れられない。 ダニエル・デシモーヌ #04
    眠れない 町の明かりで 見られない 辿り着いた 星の煌めき エイプリル・トラスティー #19
    二日酔い 歯を磨いたり 靴をはく。何か忘れた。。。ズボンってどこ? ステイシー・エリクソン #08
    「愛してる」 意味ありません ここ来ると 何も言わずに  信じられます アイリーン・コンベイ #05
    学期終わり 試験に行って 雪落ちる 大学歩道 光り始めた グレッグ・スコット #15
    足下に 枯れ葉サラサラ 奥の道 深夜の道連 金星だけや ルーク・トンプソン #17
    猛吹雪 寒い八時 食堂の ミルクコーヒー おいしくなった チュイ・カイヒン #11
    塗り消して 書きかえていた その手紙 遠くの親に 送った想念 シンティン・リン #13
    ともだちは とても遠い わたしには さんぜんマイルは  遠すぎたね マギー・ゴールドバー #20
    弁護士は わかりにくくや 説明を してくれるのに、なにもわからん アンドレイ・ディヌ・ヨニツァ #10
    沖縄に 残した心 酷寒に 帰りたくない まだ休暇中 アミン・ガデミ #18
    夜遅く なかなか寝れず 薬飲む ようやく寝たが 寝坊しちゃった エリック・リン #23
    かげひとり でんき音なし 回り雪 うしろ黒 まえ白ひろい ジーワン・ワン #02
    何で今 行くの夏の日?ジャケット ぼうしがない もう一しゅうかんは? ネイト・クリスチャン #03
    地下鉄は きたない道は くさい。でも  大丈夫や ニューヨークだよ   メアリ・ガデミ #22

4. コメント

-俳句の部 情景が浮かんでくるような句です。 川柳の部 なかなか鋭い突っ込みが気に入りました。短歌の部 核心をついているなあという感じです。メロディをつけたらいい歌ができそうです。 皆さんの力作甲乙つけがたいものが多々ありました。楽しませていただきました。

 

-大変興味深く鑑賞させていただきました。家族、恋、旅など、大きなテーマに沿って作られたのでしょうか? そういった大きなテーマの中でまとめるとさらにいろいろな視点で作品を感じることができるのかなと思いました。楽しませていただきました。ありがとうございました。

 

--ユーモアにあふれた俳句、川柳そして短歌がたくさんあり、楽しませてもらいました。一つずつしか選べないのが、残念でしたが、みなさんの作品を読むことができました。ありがとうございました。

 

-俳句、川柳はなかなかと思います。短歌の部門はごろをあわせたような川柳的作風が多いですね。よくがんばっておられると思います。

 

-Minna totemo joozu de shock. Native Japanese no Watashi wa Hazukashii desu.

 

-読んだ後、心に何かが残るものを選びました。また、たくさん詠んでみてください。そして、有名な俳句、短歌も読んでみてください。

 

-短歌の部は25番もよかったです。

 

-俳句・川柳・短歌を読んで、光景がありありと目に浮かぶもの、共感できる作品を選ばせていただきました。(奇しくも3点中2点は1番目に記載された作品なので、もしかすると順序効果も影響しているかもしれません。)

 

-日本人の私にも作るのは難しい俳句、川柳、短歌ですが、皆さん、お上手で、一つ選ぶのが大変でした。楽しませていただきました。

 

-寒いNYにも春が来つつあることが感じられました。

 

-私は滋賀県に住んでいます。 琵琶湖の歌を遠くアメリカから読んでくださっている方がいらっしゃると思うとうれしくなりました。 春の琵琶湖は桜が見れてとってもきれいですよ!!

 

-今年は形にとらわれない作品が多いですね。楽しませていただきました!

 

-みなさんとっても上手でびっくりしました! 読みながら思わず爆笑してしまったり、学生時代を思い出して共感したりと、楽しい時間を過ごしました。ありがとうございました。 日本語の勉強これからもがんばってくださいね。

 

-選ぶのが難しいくらい、いい作品がおおくて驚きました。

 

-俳句:09 ちょっと、北原白秋を思わせるような、叙情のある作品だと思いました。
川柳:01 現金な女の子の本音でしょうか、それとも男の子の嘆きでしょうか。いずれにしても面白い!
短歌:01 思い浮かぶのは、鼎泰豊の小龍包でしょうか。わたしは、台湾で日本語を教えているので、この歌に一票。

 

-川柳は風刺詩であって個人的な事を述べるわけではないということの理解が足りてないような気がします。

 

-毎年楽しみにしています。

 

-俳句も短歌も多くのことを言いすぎないように、できれば一つのことだけを言うようにしたらいいと思います。。(特に俳句は引き算だと言いますね)

 

-詠んで、頭の中に映像が浮かんだものを選びました。 それで、やっぱりきれいな映像がいいですね。

 

-What Japanese level are these students at ? Some are really good. They are more advanced than my high school students.

 

-いつもながらの力作揃い、先生方の日頃のご苦心の賜物ですね?! 想念が昇華しきれず、生の気持ちが言葉になっている句が多いのは、外国人だからというよりは、若さゆえだろうか、などと思いながら一句一句楽しんで読ませていただきました。

 

-とても楽しく読みました。 私もJ−4の学生に短歌を作ってもらいます。皆さんのを私の学生に紹介したいとおもっています。

 

-去年より、選ぶのが大変でした。どの詩も楽しませていただきました。生徒さん、先生に声援とともに、乾杯を。来年もどうぞよろしく。

 

-私も一句: 力作で、選ぶの難儀、コロの歌

 

-楽しませていただきました。言葉に意味の重複がない作品、叙景的な作品によいものが多い気がしました。

 

-皮肉を感じさせるユニークで愉快な作品がとても気に入りました。風情を強調して漂わせる日本人の作品ともまた違い、思わず笑ってしまう作品にセンスの良さを感じます!

 

-昨年同様今年も良くできた作品ですね。 来年も楽しみにしております。 どうも、ありがとうございます。

 

-みんなよく書けていてびっくりしました。中にはとてもなつかしい風景が頭に飛び込んでくるような詩もあり、とても楽しく読ませていただきました。

 

-毎年楽しく見させていただいています。学生それぞれの個性が出ているのがとても面白いです。個人的には「ニューヨーク」という土地柄が反映されているものに心を惹かれました。

 

-今の世相を反映させたとても素敵な句が多いが余りにも現実過ぎていて夢がない。

 

俳句9番 国境のない空に思う心を託す、川柳12番 まさに今しか書けない状況を表している。短歌11番 留学生活の至福の一瞬が感じ取れる。

 

-2回目の投票です。俳句の「朧月〜」は若者らしからぬ哀愁漂う句ですね。「影と舞う」という表現、なかなか気に入りました。 短歌の一句は若者らしく、素直な句ですね! どんな方々が読まれたのかと、会いたくなってしまいました。

 

-いい候補が2つ以上あり、選ぶのが難しかったです。

 

-留学や下宿生活、試験や仕送り、恋など学生ならではのテーマが織り込まれていて面白いですね。

 

-川柳は、ウイットが足りない感あり。短歌が形になっています。俳句は難しいのでしょうね。訳者が意訳されても良いのでは、と感じました。

 

-昔の日本の学生を思い出しますね

 

-前世紀のわたしには分からないような「いまどきの日本語」がかなりはいっていますよね。

 

-5・7・5 リズムが大事 わたしには

 

-俳句、川柳、短歌それぞれに、彼らの故郷の想いが伝わってきます。

 

-情景が浮かんだものを選ばせてもらいました。

 

-思わず顔がほころぶ作品が、たくさんありました。

 

-現役若者の日本語をかいまみました。ご指導ごくろうさまでした。

 

-In general Haikus were so so but most of Wakas were rather bad! Try again.

 

-good writing!

 

-初めて拝見しました.とても新鮮で面白いです.かたちに合わせて日本語を作る苦労とたのしさが溢れていますね.この生き生きとした感じは,母語話者にとっても刺激になります.

 

-昨年よりさらにレベルが上がったように思います。短歌はまだ難しいようですが、メッセージと感情をうまくからませる工夫が必要のようです。

 

-作者のバックグラウンドが気になる作品にぐぐっと引き込まれ、それぞれ選出させていただきました。全体的には、型にはまらない個性的な作品群が多く、読んでとても楽しい気持ちになりました。

 

-Hello everyone, I enjoyed your works and was impressed by them. I've laughed, giggled, nearly shed my tears and thought of young American guys while reading. You did a great job. Thank you.

 

-今年も力作ぞろいで楽しませていただきました!

 

-おもしろかったです。

 

--日本人にとってもそれぞれの違いがわからず難しいのに、たいしたものだと思いました。

 

-今年も力作がそろいましたね。 みなさんの作品、毎年楽しみにしています。

 

-短歌で01と20で迷いました。2作とも米国で頑張っているけれど祖国や祖国の友人を思う郷愁のせつない気持ちが伝わってきます。

 

-情景が浮かんでくるもの、プッと吹き出してしまうもの、楽しませて頂きました。 どうもありがとうございます。

 

-なかなか面白かったです。 正直今一歩の感は否めませんが、 独特の個性を感じるものが多々ありました。

 

-色々な違った感性があって面白いです。川柳や俳句は直接的な表現でなく、もう少し読んだ人が想像する余地を残したら、もっと印象が強くなると思いました。

 

-おもしろいものがたくさんあって一つだけ選ぶのは大変ですね。来年も楽しみにしています。

 

-微笑ましいもの、心に残るものなど優秀な作品が多く、1首だけ選ぶのはとても難しかったです。ひとつひとつ、どんな学生さんが書いたのかなと想像しながら読ませて
頂きました。ありがとうございました。

 

-学生の生活はどこも同じなのでしょうね。 あまりアメリカからの歌という感じがしないのは不思議です。グローバリーゼーションの影響でしょうか。アジアからの学生が多いのでしょうか?

 

-今年も楽しく読ませていただきました。力作ぞろいですね。読んでいて、若い頃感じた事など思い出しました。

 

-どれも一生懸命考えた様子が窺える作品だと思いました。その中でも、ストレートに心に入ってくる作品を選ばせていただきました。

 

-留学生が多いクラスなのでしょうか?私もNYCに3年住んでいたので、NYらしさが出ている句には思わず笑みが溢れました。皆さん、ご自分の気持ちを表現されるのが非常に上手だと思いました。沢山の外国人の方が日本語を学んで使われると、日本人が使う日本語も変わって、コミュニケーションが取りやすくなるかもしれません(笑)

 

-力作ぞろいでさんざん迷ってしまいました。自然に対する感性や日常生活の中での心情の細やかさを感じます。

 

-初めて投票させていただきました。どの作品もみなよくできていて、一つを選ぶのに時間がかかりました。

 

-毎年、楽しませていただいています。ありがとうございます。

 

-初めて拝見しましたが、どれも、とても無垢であることで心を打たれました。例え「面倒くさいやっつけ作業」で作られた物でも(私には分かります笑)、その無垢さがまた感動を与えてくれました。個人的な見解では、俳句の部の「14」を書かれたかたが、ある意味、とても「句」のこころのあるかただなーと感心しました。本来の日本人が感じる季節感などを五感で感じてらっしゃるのだなーと。川柳の部の「20」は、“ほんとだよ”の部分がとても可愛く、モダンな川柳に仕上げたと感じます。「04」も、複雑な、もどかしい心情を表したかった気持ちが伝わってきます。あとはテクニックだけ、おしいっ! 短歌の部の「13」は、“想念”という難しい単語を用いてあり超感心しました。日本人の私には出なかった言葉です。“想ひ”とするとまるみが出たかもしれません。「25」、日本の「お〜いお茶」の、毎年恒例のサラリーマン川柳を思い出しました(笑)。とにかく、みなさんレベルが高くて、日本人として日本語で日本で育ち、挙げ句の果てに、大学の四年間を、がむしゃらに日本語だけをひたすら学んできた自分が恥ずかしくなりました。ありがとうございました。

 

-みなさん、よく書けていて、先生のご指導が立派なんだと思いました。

 

-新鮮だけど懐かしい。ブジャデです。

 

-毎年コンテストのお知らせ有難うございます。いつも楽しく拝読しています!

 

-お疲れですぅ。いい作品が選ばれるといいですね。

 

-俳句や短歌はロマンチックなものになりやすいのでしょうね。でも、中には川柳っぽいものもあり、面白かったです。川柳が、とても生き生きと詠まれている感じがしました。

 

-先生方、お久しぶりです。 どの作品も学生さんの今の気持ちが良く表れていて、また時代や歳をよく反映していて、こちらも楽しませて頂きました。

 

-それぞれの作品から若いエネルギーと感受性豊かさを感じることができて楽しませていただきました。

 

-解かりやすいことを第一に選びました。短歌の部の作品(12)はむしろ川柳? 単語は同じ日本語でも、表す意味が個人的だと、万人に共通でないと、他人に伝わりません。むずかしいですね。


-大変面白く拝見しました。日本の伝統文化をこのように紹介いただき、1日本人として、1教師として嬉しく思いました。質問させていただくことが可能なら、学生たちの反応はいかがでしょうか。またこのような授業の進め方など簡単にご紹介いただければ幸いです。コメントは載せていただいて結構ですが名前は任意の名前でお願いいたします。

 

-素敵な作品が多くて、ひとつの作品だけを選びぬくのは大変難しかったです。ニューヨークならではの情感を綴った作品も多く、ニューヨーク生活を懐かしく思い出しました。来年も楽しみにしています。

 

-現地の暮らしぶりが分かり、おもしろかったです。

 

-俳句の「01 試験あと 痛みを知らず 桜咲く」作者は試験がよくできなくて、いやな気持ちなのに、桜は楽しげにきれいに咲いている。桜のシーンと作者の気持ちの違いがよく出ていておもしろい。

 

-一つに絞るのは難しかったです。例えば、俳句の21・23・20・1、川柳12・15・22、短歌21・17等も好きで迷いました。私も俳句の会に入っていますが、乗り物の待ち時間が気にならなくなりました。自然を見て、元気になったり、癒されたりしています。

 

-俳句の「01 試験あと 痛みを知らず 桜咲く」作者は試験がよくできなくて、いやな気持ちなのに、桜は楽しげにきれいに咲いている。桜のシーンと作者の気持ちの違いがよく出ていておもしろい。

 

ご協力有難うございました。
岡本桂子 畠山 衛

About Us |Contact Us | ©2007-2010Columbia University