Columbia University Japanese Language Program

Harumatsuri 2009 (2009年日本語学科春祭り Japanese Program’s Spring Festival)

日時: 4月17日(金)午前10時開場  10時半開始 
場所: 413 Kent Hall

Date: Friday, April 17th. Doors open at 10 am. From 10:30-
Place: 413 Kent Hall

 

 

司会 Hosted By 

エミリー・ローゼンバーグ (Emily Rosenberg)
エディー・カン (Eddie Kang)












佐藤 まいこエリザベス (MaikoErizabesu Sato)
アナトリー・デトワイラー (Anatoly Detwyler)

10:00 開場 Doors open
10:30 開会の挨拶 初めの言葉 東アジア言語文化学部 学部長 ボブ・ハイムズ教授
   Opening Remarks by Bob Hymes,Horace Walpole Carpentier Professor of Oriental Studies and Chair of Department of East Asian Languages & Cultures

学生による発表

10:35 作文(さく ぶん) (1年生 ノンインテンシブ) Essay contest: First-year students (non-intensive)
「自己紹介」
Elementary Japanese students present a selft-introduction that they imagined they would do as an exchange student at a welcome reception in Japan
留学生の歓迎会での自己紹介(a self-introduction at a welcome reception in Japan)

第1位.キミ・ニカイドー (Kimi Nikaidoh)
第2位 ジェニファー・クォン (Jennifer Kwon)
第3位 マイケル・キム (Michael Kim)
第4位 キャサリン・グリーンマン (Katherine Greenman)
第4位 アシュリー・ステュワート (Ashley Stewart)
第4位 アリー・ワン (Ally Wang)

 

10:45 作文(さく ぶん) (1年生 インテンシブ) Essay contest: First-year students (intensive)
First-year Japanese students write and present essays

一年生作文
第1位.シャオジエ・イン (Xiaojie Yin)「私のおもいで 北海道旅行」
第2位.ダニエル・ドノバン (Danielle Donovan) 「12月(がつ)のパリ」
第3位.ミチ・アルゲダス (Michi Arguedas) 「私(わたし)のいいせいかつ」
第4位.ジェーン・ヒオ (Jane Heo) 「私(わたし)とイタリアのオーケストラ」
第4位.ジェームス・ポンダー (James Ponder) 「ジャングルのイギリス人(じん)」


 

11:10 紙芝居(か みしばい)(2年生)
Kamishibai, “Paper theater”: Second-year students perform traditional Japanese storytelling.

第1位 アリス・モトーラ (Alice Mottola)「ななタコ」
第2位 アナトリー・デトワイラー (Anatoly Detwyler)「すてきなゴキブリ」
第3位 ブライアン・チョウ (Bryan Chiou)「温泉(おんせん)物語(ものがたり)」
第4位 キャロライン・ウィルソン (Caroline Wilson)「かえる物語(ものがたり)」

 

 

 


11:30 俳句・川柳・短歌 (3年生)
Haiku, Senryu and Tanka: Third-year students present Japanese poetry they wrote.

第1位 川柳 ジュービン・パク  スタンバイミ あなたいないと かねもない
第2位 俳句 カタリーナ・リー  とうきびに ハーモニカふく 空とおく
第3位 短歌 キャシー・ジャン たんじょうび 蛍と一緒 踊ろうよ 家の後ろに 小さな世界 

   

11:40 1-3年生審査員講評 Comments from judges First - Third Year (五十音順、敬称略)

青木 健(あおき けん、中世日本研究所 副所長)
Ken Aoki (Associate Director, Institute for Medieval Japanese Studies)

近鉄インターナショナル (Kintetsu International Travel Consultants Company)
 
岡本徹 (おかもと とおる ニューヨーク育英学園園長)
Toru Okamoto (Principal, President, Japanese Children's Society)

堀 ひかり (ほり ひかり EALAC 日本映画)
Hikari Hori (EALAC, Japanese Film)

(12:00) 教室移動/昼食 413 Kent から403Kentへ Classroom change from 413 Kent to 403 Kent

 

12:50 白戸一郎日本語学習基金奨学金 受賞者発表 Presentation of The Ichiro Shirato Fund For Japanese Language Study Scholarships

 

 
Yanli Chen (ヤンリー・チェン) Christine Kwon (クリスティン・クァン) 

 

 

1:00 トリビアの泉(いずみ)(4年生)
Trivia: Fourth-year students present entertaining trivia (a popular Japanese TV show).
第1位.大塚はる名、鈴木亮子 (Haruna Otsuka, Ryoko Suzuki)
第2位.サリー・キム、チェルシー・ワード、セジュン・キム (Sally Kim, Chelsea Ward, Sejoon Kim)
第3位.スチレルマン・アリエル、ジョー・エラクア、エドソン・ワン (Ariel Stilerman, Joseph Elacqua, Hsuan-Li Wang)
第4位.エミリー・ローゼンバーグ、ジェイ・ナボック、松橋知巳 (Emily Rosenberg, Jacob Navok, Tomomi Matsuhashi)

 











 

 

 


 

 

 

 

1:30 落語(5年生)
Rakugo, comic dialogue: Fifth-year students perform traditional Japanese comic storytelling.

第1位. ケン・キヨタ(Ken Kiyota) 転失気 "Tenshiki"
第2位. ダニー・ケリー(Danny Kelly) 時そば "Toki Soba"
第3位. 野中まりあイライザ(Maria Elizabeth Nonaka) 青菜 "Aona"



 
 
 

落語(らくご) あらすじ (Synopses)

1. Ken Kiyota ケン・キヨタ 転失気 "Tenshiki"
"Tenshiki" is a rakugo story about 知(し)ったかぶり ("pretending you know something when you don’t"). During a medical exam, a doctor asks a priest whether he has "tenshiki." The priest does not know what "tenshiki" is, but pretends that he knows and says he does not have any. After the doctor leaves, the priest sends Chin-nen, a young priest at the temple, to retrieve a "tenshiki" for him. When Chin-nen learns what "tenshiki" is, he realizes that the priest was just pretending to know what "tenshiki" meant. Chin-nen decides to trick the priest by telling him the wrong meaning of "tenshiki" so that the priest will embarrass himself when the doctor visits the next day.
(The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Ken Kiyota.)

2. Danny Kelly ダニー・ケリー 時そば "Toki Soba"
"Toki Soba" is a classic story of a swindle gone wrong. A man enters a soba shop and asks for a bowl of soba. As he consumes his dinner, he showers the unwitting Soba maker (sobaya-san) with compliments. Then, when it comes time to pay, he counts out
"1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, hey, Soba man, what time is it? "
"Oh, it’s 9."
"10, 11, 12, 13, 14, 15, 16. Thanks!"
and disappears without incident. After some careful consideration, the oafish Yotaro figures out the man’s scheme and decides to give it a shot. Yotaro, unfortunately, fails to consult the clock before embarking on his misadventure…
(The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Danny Kelly.)

3 . Maria Elizabeth Nonaka   野中(のなか)まりあイライザ 青菜 "Aona"
"Aona" is a story about a gardener (uekiya) and the various happenings between him and his employer, a retired man (go-inkyo) and him and his wife, Kakaa. Unlike his employer and his employer's wife, the gardener and his Kakaa are not very clever. So when they attempt to copy the clever "secret" conversation between the master and the master's wife, hilarious results ensue.
(The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Maria Elizabeth Nonaka.)

 

2:10 4-5年生 審査員講評 Comments from judges 五十音順、敬称略

岩石隆光  (いわいし たかみつ 日本メディカルライター協会評議員)
Takamitsu Iwaishi (Trustee of Japan Medical and Science Communicator Association)

小野浩隆 (おの ひろたか、在ニューヨーク日本国総領事館領事)
Hirotaka Ono (Consul, Consulate General of Japan in New York)

キア・シェリーン (きあ しぇりーん、ドナルド・キーン・センター副所長)
Kia Cheleen (Assistant Director, Donald Keene Center)

アムネット・ニューヨーク (Amnet New York, inc.) 

野口 幸生(のぐちさちえ C・V・スター東アジア図書館 日本研究司書)
Sachie Noguchi (Japanese Studies Librarian, C. V. Starr East Asian Library

2:30 表彰式 Awards Ceremony

 

2:45 終わりの言葉   Concluding Remarks
日本語科ディレクター 挨拶 ナジキアン富美子 Remarks by Japanese Language Program Director Fumiko Nazikian

 


Sponsors:協賛 (きょうさん)

Kintetsu International Travel Consultants Company (近鉄インターナショナル)
Amnet New York, inc (アムネット ニューヨーク)
TTA, INC. New York

Itochu International, Inc (伊藤忠インターナショナル)
ITO EN (North America) Inc. (伊藤園
JAPAN NETWORK GROUP, INC (TV Japan). (テレビジャパン
Kodansha Americs講 談社
Mitsubishi Heavy Industrie America, Inc., (米国三菱重工業株式会社)
Urasenke Chonoyu Center of New York (裏千家茶の湯センター)
Dr. Miyuki Fukai of Kyoto Consortium for Japanese Studies
Geoffrey Sant of Morrison & Foerster LLP


後援(こうえん)
ドナルドキーン日本文化センター  Donald Keene Center of Japanese Culture (DKC)
中世日本研究所 Institute for Medieval Japanese Studies
Department of East Asian Languages and Cultures(EALAC)
Language Resource Center(LRC)
在ニューヨーク日本国総領事館

ご協力ありがとうご ざいます。

 

学生ボランティア(学年五十音順)
4年生
サリーキム(Sally Kim)
チェルシー・ワード(Chelsea Ward)
3年生
エリクソン・ステイシー (Stacy Erickson)
メアリー・ガデミ (Mary Ghadimi)
カタリーナ・リー (Catalina Lee)
ユイン・ワン (Yuying Wang)
ジー・ワン (Zhe Wang)
2年生
マーガレット・タン (Margaret Tang)


 

 

 

 

 

 

About Us |Contact Us | ©2007-2010Columbia University