Columbia University Japanese Language Program

2009 Sakubun Contest

2008年一年生作文コンテスト結果発表

第1位 シャオジエ・イン (Xiaojie Yin)「私のおもいで 北海道旅行」

第2位 ダニエル・ドノバン (Danielle Donovan) 「12月(がつ)のパリ」

第3位 ミチ・アルゲダス (Michi Arguedas) 「私(わたし)のいいせいかつ」

第4位 ジェーン・ヒオ (Jane Heo) 「私(わたし)とイタリアのオーケストラ」

第4位 ジェームス・ポンダー (James Ponder) 「ジャングルのイギリス人(じん)」

第1位 シャオジエ・イン (Xiaojie Yin)「私のおもいで 北海道旅行」

 わたしのしゅみはいろいろありますが、りょこうがいちばん好きです。ちいさいときから、いろんなところへいきたかったです。でも、ちゅうがくとこうこうのときに、学校はとてもたいへんでしたから、なかなかじかんがなくて、できませんでした。
きょねんのなつやすみに、日本がだいすきですから、ついに日本の北海道へ旅行にいきました。7月23日から、27日まで、ぜんぶでいつかでした。高校の親友、ミアといっしょにいきました。
 夏でも、北海道はすずしかったです、ときどきあめでした。りょこうはとてもたのしかったです。北海道でいろんな場所へいきました。たくさんおいしいものをたべたり、ホテルでおんせんにはいったり、しゃしんをとったりしました。
このあいだに、ぼくじょうで初めて北海道のゆうめいなメロンや、アイスなどをたくさんたべました。とてもしんせんで、おいしかったです。まいにちきれいなふうけいをみて、きねんしゃしんをとりました。そして、北海道の熊山にいって、ケーブルカーにのって、くまをみました。大きいくまはちょっとこわかったですけど、ちいさいくまはとてもかわいかったです。
 北海道にいって、ほんとうによかったとおもいます。北海道とわたしのムタウンはぜんぜんちがいます。北海道は人が少なくて、みどりとはたけがおおくて、くうきがとてもしんせんです。こうつうがちょっとふべんでも、みんなくるまをもっていますから、だいじょうぶです。だから、いいばしょだとおもいます。
 そして、かえるとき、たくさんおみやげをかいました。ぜんぶたべものでした。有名な白い恋人とか、ロイスのチョコレートとか、いろいろかいました。特産のかにもかいたかったですが、もってくることができませんでした。でも、まんぞくでした。
 北海道がとてもすきですから、もういちどともだちといっしょにいきたいとおもいます。

第2位 ダニエル・ドノバン (Danielle Donovan) 「12月(がつ)のパリ」

 私のいぬの なまえは ファニでした。 ファニは チャウ チャウ (CHOW CHOW)で、きれいな いぬでした. ファニと 私は 15年ぐらい いっしょに すんでいました。 でも、ファニは 2002年の 12月2日に びょうきで しにました。 ファニが しんだとき、ソウルに すんでいる 母は しんぱいして ソウルから ニゥーヨークへ 来ました。 私が さびしかったからです。
ニューヨークに ついたら、母は 「さびしかったら りょこうしましょう。 パリへ いきましょう。」 と いいました。 もちろん、私は パリりょこうは いつも 好きですが、そのとき、どこへも 行きたくありませんでした。 でも、母の いけんを 聞かなければなりませんでした。
  12月の はじめに パリへ 行きました。 パリの 冬は ニューヨークの より さむくありませんでした。 ちょっと くもりでも あめは ふりませんでした。 私たちの ホテルは レフト バンク (LEFT BANK)に ありました。 小さかったですが、とても すてきな ホテルでした。 へやの まどから パリの けしきを みることができました。 セーヌ (SEINE)川や ノートルダムを みることができました。
  私たちは 毎日 朝 六時に 起きました。朝ごはんは いつも ホテルの  喫茶店で 食べました。 ホテルで つくった パンと バターは とても おいしかったです。コーヒーも おいしかったです。 朝ごはんが 終わったら 毎日 いろいろな ところへ あるいて 行きました。 母と 私は パリの ゆうめいな 20 
アロンディスモント (ARRONDISEMENT) を ぜんぶ あるいて 見たかったから 午前八時から 午後三時まで いそがしかったです。 毎日 三時ごろ おなかがすきましたから、 レストランで 食べました。 昼ごはんと晩ごはんを いっしょに食べました。 食べてから、つかれても ホテルへ あるいて 帰りました。 よるになりました。 12月の パリの 晩は クリスマスの デコレーションが たくさん あって きれいでした。
  私たちは パリに 2週間 いました。 私は パリで 時々 ファニを かんがえました。 でも 母と ファニについて たくさん 話して、 きぶんが だんだんよくなりました。 母と 私は パリへ べつべつに 行ったことが ありますが  母と いっしょに いた 時間は とても 楽しかったです。 
  パリの りょこうの 二,三年 あとで 母の あしが わるくなりました。  また 母と いっしょに パリを あるいて 見ることができないとおもいます。 そして、私たちの りょこうは 私の たいせつな おもいでです。

第3位 ミチ・アルゲダス (Michi Arguedas) 「私(わたし)のいいせいかつ」
 
 

第4位 ジェーン・ヒオ (Jane Heo) 「私(わたし)とイタリアのオーケストラ」

 私のしゅみはピアノをひくことです。子どもの時、私は クラシックの 音楽がとても好きでした。毎日、四時間ぐらい れんしゅうしました。びょうきでも、私は いつも ピアノをひきました。ぜんぶで十七年ぐらい、ピアノの先生におしえてもらいました。 
  私がはたちのとき、ピアノの コンペティッションがありました。NJと NY の一ばんいいピアニストが しょう を もらいます。しょう を もらった人は イタリアのオーケストラといっしょに コンサートをします。コンペティッションで 私は Rachmaninoffを ひきました。Rachmaninoffは とても むずかしいですが、たくさん 練習しましたから よくできました。そして 私は がんばりました!かちました!
六月に私と先生は Veniceに行きました。Venice はとても すてきな国です。イタリアの人は 親せつな人です。そして、イタリアの食べ物はおいしいですよ。Chioggia Hallで コンサートがありました。イタリアのオーケストラ “Grieg Concerto in A Minor” を ひきました。私はこの オーケストラが せかいで 一ばん すごいと思います。ひく前に、先生が ‘がんばって’と 言いました。コンセート に 七百人きました。私のじんせいで 一ばん おもいで ぶかい日です。

第4位 ジェームス・ポンダー (James Ponder) 「ジャングルのイギリス人(じん)」

 2005年の夏ブルネイへ行きました。ブルネイは小さい国でボニオにあります。ブルネイはあつくて、ジャングルがあります。ブルネイのジャングルの中へ行きました。。。 16さいの学生が10人とブルネイへ行きました。そして、もとへいたいがふたりと行きました。グループの名前はジャングル・アドベンチャ・プロジェクトでした。 2004年の夏プロジェクトへもうしこしました。私のしゅみはキャンピングです。キャンピングが好きだから、ジャングル・アドベンチャ・プロジェクトにうかりました。
  ブルネイへ行く前にじゅんびをしなければなりませんでした。グループ・リーダーの名前はビルです。ビルさんは私にたいせつな物をおしえてくれました。たとえば、木のベッドのつくり方をならったり、ジャングル食べ物のつくり方をならったりしました。いちばんたいせつなならった物は水についてです。ビルさんはジャングル川の水をのんではいけないと言いました。
 2005年の七月ひこうきでブルネイへ行きました。二週間ジャングルにすんでいました。ジャングルのせいかつとイギリスのせいかつよりむずかしいです。はじめての晩はとてもおもしろかったですよ。くらくなったら、とてもうるさくなります。ねむくても、ねることができません!
ジャングルにたくさんあぶない物にきをつけないといけません。ジャングルがわの水を飲むとびょうきになりますよ!毎日ジャングルをさんぽしたり、くだ物を食べたり、しゃしんをとったりしました。キャンプは川のとなりにありましたから、毎朝川でおよぎました。とても楽しくて、きれいでした。ジャングルにどうぶつを見ることができません。でも、たくさんむしを見ることができます。
 ある日さんぽをして、キャンプへ帰った時、私のあしがいたくなりました。パンツをぬいで、あしをしらべました。あしにたくさんリーチがありましたよ!あしは赤かったです。わたしはビルさんに「どうしよかな」と聞きました。リーチを見たことがありませんでしたから、しんぱいしていました。でも、ビルさんはかんたんにリーチをころしました。いい人ですね!
 ジャングルへ出かける前にブルネイ人のうちにとまりました。おまつりがありました。その晩いろいろなにくを食べたり、ダンスをしたり、うたったりしました。しんせつなひとでした。そして「おもしろい人だ」と思います。
 そのりょこうはとても楽しかったですよ。たくさん物をならいました。また、ぜひブルネイへ行きたいです!

上に戻る back to top

 

About Us |Contact Us | ©2007-2010Columbia University