Columbia University Japanese Language Program

Harumatsuri 2010 (2010年日本語学科春祭り Japanese Program’s Spring Festival)

日時: 4月16日(金)午前10時開場  10時半開始 
場所: 413 Kent Hall

Date: Friday, April 16th. Doors open at 10 am. From 10:30-
Place: 413 Kent Hall

 

 

司会 Hosted By 

サビナ・シュルツ (Sabine Schulz)
アルフレッド・ラム (Alfred Lam)












アミン・ガデミ (Amin Ghadimi)
ヤンリー・チェン (Yanli Chen)

10:00 開場 Doors open
10:30 開会の挨拶 初めの言葉 EALAC アジア人文科学 ポール・アンドラー教授
   Opening Remarks by Paul Anderer, Professor of Asian Humanities

学生による発表

10:35 作文(さくぶん) (1年生 ノンインテンシブ) Essay contest: First-year students (non-intensive)
「自己紹介」
Elementary Japanese students present a selft-introduction that they imagined they would do as an exchange student at "a welcome reception in Japan"
留学生の歓迎会での自己紹介(a self-introduction at a welcome reception in Japan)

第1位.ジェーニ・ユエン (Jenny Yuan)
第2位 サンスー・キム (Sangsoo Kim)
第3位 ミッシェル・ユアン (Michelle Yuan)
第4位 ヘナ・ステラ・キム (Hye Na Stella Kim)

   

10:50 作文(さくぶん) (1年生 インテンシブ) Essay contest: First-year students (intensive)
First-year Japanese students write and present essays about their most memorable moment in their life

一年生作文
第1位.イゾー・ヒョー (Feng Yizhou)「その時にかえりたい」
第2位.ヒョンジ・チョー (Hyun Jee Cho) 「十三さいのたんじょう日」
第3位.チンラン・ルー (Qinglan Lu) 「わすれられない夏」
第4位.ジェシカ・ウァーリン (Jessie Werling) 「私がおばになった時」
第4位.みちえ・あだち (Michie Adachi) 「重いおもいで」

 


 

11:10 紙芝居(かみしばい)(2年生)
Kamishibai, “Paper theater”: Second-year students perform traditional Japanese storytelling.

第1位 ジョセフ・シャイヤー (Joseph Scheier-Dolberg)「ネズちゃん物語」
第2位 ジャック・ウィルソン (Jack Wilson)「空腹物語」
第3位 トレイシー・タイ (Tracy Thai)「豆」
第4位 ティアンジャオ・ユー (Tianjiao Yu)「緑りんご物語」

 

 

 

 

   

11:30 俳句・川柳・短歌 (3年生)
Haiku, Senryu and Tanka: Third-year students present Japanese poetry they wrote.

第1位 短歌 ヤンリー・チェン  春風(しゅんぷう)に 咲いている花 散らないで 君がくるのを 待ってほしいから 
第2位 俳句 ケイトリン・カシエロ  朝の雪 枝 一つずつ 包んでる
第3位 川柳 アンジェラ・キム  漢字書き 思い出すと 意味はわすれ
第4位 短歌 アナトリ・デトワイラー  しばしばと きることを聞く トウショウブ

   

11:45 1-3年生審査員講評 Comments from judges First - Third Year (敬称略)

 

ニラヴ メータ(コロンビア大学2006年卒業生、日本語1年〜5年受講)
Nirav Mehta (Columbia University Graduate '06, Former 1st-5th Year Japanese Language Student)

野仲香代(のなか かよ ニューヨーク大学、日本語講師)
Kayo Nonaka (New York University, Japanese Language Lecturer)

アムネットニューヨーク
(Amnet New York, Inc)

青木 健 (あおき けん  中世日本研究所副所長)
Ken Aoki (Institute for Medieval Japanese Studies, Associate Director)

11:55 白戸一郎日本語学習基金奨学金 受賞者発表 Presentation of The Ichiro Shirato Fund For Japanese Language Study Scholarships

  サミュエル・ウォーカー (Samuel Walker) チャオ・リン (Chao Ling)

 

(12:00) 教室移動/昼食 413 Kent から403Kentへ Classroom change from 413 Kent to 403 Kent

 

1:00 トリビアの泉(いずみ)(4年生)
Trivia: Fourth-year students present entertaining trivia (a popular Japanese TV show).
第1位.ネイト・クリスチャン、シャウイ・ワン (Nathaniel Christian, Shaowei Wang)
第2位.アンドレイ・ディヌ・ヨニツァ、アミン・ガデミ (Andrei Dinu-lonita, Amin Ghadimi)
第3位.ブランドン・フロスト、エディー・カン、エイプリル・トラスティー (Brandon Frost, Eddie Kang, April Trusty)
第4位.ジョシュア・バッツ、アンドレ・デクロウ (Joshua Batts, Andre Deckrow)
第4位.ジャズ・ディズダレヴィッチ、ケート・ロビンソン (Jasmina Dizdarevic, Katherine Robinson)

 






















1:30 落語(5年生)
Rakugo, comic dialogue: Fifth-year students perform traditional Japanese comic storytelling.

第1位. アルフレッド・ラム (Alfred Lam) 本膳 "Honzen"
第2位. アンドレア・ムイ (Andrea Mui) 権助堤灯 "Gonsuke Joochin"
第3位. イウェン・シェン (Yiwen Shen) 寿限無 "Jugemu"

 

落語(らくご) あらすじ (Synopses)

1.アンドレア・ムイ (Andrea Mui) 「権助(ごんすけ)堤灯(ぢょうちん)」“Gonsuke Joochin”
"Gonsuke Joochin" is a rakugo story about a master who gets rejected by his wife and his concubine. On a dark and windy night, the wife tells her husband to stay the night at the mistress’ house since she is worried about the mistress being alone when there might be the possibility of a fire. Touched by his wife’s thoughtfulness, the master travels to the mistress’ house with Gonsuke, a rather blunt servant who helps him to carry the lantern. Yet, the mistress returns the favor and asks her master to return to his wife. With both women insisting him to stay with the other, the master goes back and forth between the houses.
(The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Andrea Mui.)

2.アルフレッド・ラム (Alfred Lam)「本膳(ほんぜん)」“Honzen”

"Honzen" is a story about a group of workingmen and simpleminded Yotaroh that are invited to a proper banquet by the landlord. Since they are unfamiliar with the formalities, they approach the knowledgeable elderly in the neighborhood and ask for help. As the event is tomorrow, the elderly suggests that they should imitate everything he does on the spot. However, during the meal, besides the real etiquette, the workingmen also misinterpret the trivial mistakes of the elderly as part of the formalities.
(The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Alfred Lam.)

3.イウェン・シェン (Yiwen Shen)「寿(じゅ)限(げ)無(む)」“Jugemu”
"Jugemu" is a story about a ridiculously long name. A man could not think of a suitable name for his newborn baby boy, and so he went to the temple and asked the chief priest to think of an auspicious name. The priest suggested several names, beginning with jugemu. The father could not decide which name he preferred, and therefore gave the baby all of the names.
(The classic story has been written for a modern audience by the rakugo performer, Yiwen Shen.)

 

2:10 4-5年生 審査員講評 Comments from judges 敬称略

近鉄インターナショナル・トラベル・コンサルタンツ・カンパニー
(Kintetsu International Travel Consultants Company)

古幡紀子 (ふるはた のりこ、在ニューヨーク日本国総領事館、広報センター、プログラム・コーディネーター)
Noriko Furuhata (Consulate General of Japan in New York, Japan Informatin Center, Program Coordinator)

ハルオ・シラネ (EALAC, 日本文学教授)
Haruo Shirane (EALAC, Professor of Japanese Literature)

ドナルド・キーン (ドナルドキーンセンター
Donald Keene (Donald Keene Center)

 
 
 

2:30 表彰式 Awards Ceremony

2:45 ディレクター挨拶   Remarks by Japanese Language Program Director
ナズキアン富美子 (日本語科ディレクター) Fumiko Nazikian (Japanese Language Director)

2:50 終わりの言葉   Closing Remarks by Chair of Department of East Asian Language & Cultures
ボブ・ハイムズ (東アジア言語文化学部学部長) Robert Hymes (Professor and Chair of Department of East Asian Language & Cultures)

 


Sponsors:協賛 (きょうさん)

Kintetsu International Travel Consultants Company (近鉄インターナショナル)
Amnet New York, inc (アムネット ニューヨーク)

BOOKOFF New York Store (ブックオフコーポレーション株式会社)
Empire State Building Observatory
Itochu International, Inc. (伊藤忠インターナショナル)
JAPAN NETWORK GROUP, INC (TV Japan). (テレビジャパン)
J Flair Homestyles, LLC
JPT AMERICA, INC.
Kiteya Soho
Kodansha America, LLC講談社



(MUJI U.S.A. Limited)

Rosanjin
Tahmid Z. Mannan


後援(こうえん)
ドナルドキーン日本文化センター  Donald Keene Center of Japanese Culture (DKC)
中世日本研究所 Institute for Medieval Japanese Studies
Department of East Asian Languages and Cultures(EALAC)
Language Resource Center(LRC)
在ニューヨーク日本国総領事館

ご協力ありがとうございました。

 

学生ボランティア(学年五十音順)

2年生
キャサリン・マーシャル (Katherine Marshall)

1年生
マリアム・アズィーズ (Maryam Aziz)
キャシー・グリーンマン (Cathy Greenman)
スシャント・サブニス (Sushant Sabnis)
ミゲル・ヤネス (Miguel Yanez)


エレメンタリー&プロフェッショナル
シャオ・シャオ (Xiao Xiao)
フロラ・チョウ (Flora Chiu)
ジャンウェイ・ファン (Jianwei Fang)
ジェーニ・ユエン (Jenny Yuan)
ジェーン・リー (Jane Lee)
ラティーシャ・リー (Laticia Lee)
マイク・リンシ (Mike Linshi)
ティアン・ルアン (Tian Luan)
ニコル・ワン (Nicole Wang)


 

 

 

 

 

   

 

About Us |Contact Us | ©2007-2010Columbia University