2012年 俳句・川柳・短歌コンテスト 結果発表!


コロンビア大学日本語三年生の学生たちが作った俳句、川柳、短歌です。今回も100名以上の方に投票していただきました。ご協力有難うございました。
来年度も実施を予定しておりますので、よろしければまたご協力をお願い申し上げます。

最後に皆さんからいただいたコメントも載せてあります。

コロンビア大学 江口茂 岡本桂子



1. 俳句の部 投票結果(hana マークは最優秀賞! は優秀賞です。)

hana街道の 入ったひびに タンポポや <37票>  ショーン・オニール


寒空や 日本語という 摩天楼 <32票> トリスタン・ブラウン
雪だるま なぜ悲しいか 春が来る <31票> ティム・ペン
波の音 サーファーの歓喜 夏の味 <22票> アラナ・ストーン
降雪が 記憶を祓(はら)う 冬の痛み <20票> タナフン・レイラポン

  雨雲が 今晩歌う 子守歌 ベッキー・シュローマン
  田舎から 背に乗って来る 寡黙蝉(かもくせみ) ジャン・ジェウォン
  遠山に はっきり見える 枯木の枝 袁葉・えんよう
  この冬に 意外な喜び まれな雪 ウィー・ツーニン
  秋空で 追いかけている あげた凧 タム・ヨーキー

  雨粒や 虹の会呼ぶ 奇跡こと ジーイン・チョン
  道氷 犬のおしっこ 冬の色 ケリー・マコーミック
  待って聞いて 雪化粧の田 悴(かじか)む耳 スティーブ・オッティンジャー
  バラが咲く 愛と命の 印だね ポール・ワン
  電車乗る 金沢へ行く 雨が降る ジョン・リージャー

  苺アイス れいとうこにね 楽しみよ グレンダ・チャオ
  桜どう 春水の上 浮かんでる チンラン・ルー
  桜のが ゆっくり咲く時 うれしいだ テイラー・ラットレイ




2. 川柳の部 投票結果(hana マークは最優秀賞! は優秀賞です。)

hana おかわりは 自分で取ると 旨(うま)くない <41票> ポール・ワン


消え去った 人差し指紋 アイフォーン <30票> タム・ヨーキー
頑張って 一緒じゃなくて お一人で <27票> 袁葉・えんよう
チョコレート なし彼氏なし 何もなし <23票> ジーイン・チョン

  カプチーノ くものふわふわ 天国だ アラナ・ストーン
  チョコレート バレンタインデー アレルギー グレンダ・チャオ
  子音とは 親が母音と 父の音? ショーン・オニール
  いつもより 財布がやせる だめだこりゃ チンラン・ルー
  ニューヨーク 二年住んでる 本読むだけ ケリー・マコーミック

  政治家も ブタも似てるか 泥が好き ティム・ペン
  ポケットの 細かいお金 誕生日 ベッキー・シュローマン
  日本旅 カメラ買いたい 秋葉原(あきはばら) ジョン・リージャー
  先生が 「一語(いちご)言えるの」 苺(いちご)といった テイラー・ラットレイ
  はっとする また家の鍵わすれたな ウィー・ツーニン

  五七五で おかしくなるか 無理だよね スティーブ・オッティンジャー
  許可なしで した後詫びる 目の笑い ジャン・ジェウォン
  驚くな 何年もたつ 戻れない タナフン・レイラポン
  酒飲んで 寂しい市井 家戻る トリスタン・ブラウン




3. 短歌の部 投票結果(hana マークは最優秀賞! は優秀賞です。)

hana サヨナラと 言ってしまった 涙落ち  笑顔の温度 もう感じない <35票> タム・ヨーキー


コロンビア 大学院の 難しさ 勉強じゃない 友達関係 <27票> グレンダ・チャオ
盛り付けが 地味 味も地味 けれどよく 食べたくなるの 母のなす料理 <25票> 袁葉・えんよう
冬が来て あきらめるな木 最後の葉 静かに落ちる 静かに寝入る <25票> ティム・ペン
詩といえば 言葉で建てた 寺のため 読みに行くたび 巡礼の旅 <23票> ショーン・オニール

  疲れたか 太った子猫 私より 暖かいなら 一緒に寝よう ベッキー・シュローマン
  京都とは 話してみれば 恋しいと 思い出すなり 哲学の道 トリスタン・ブラウン
  海外で 私病気だ 突然に 母の大切 分かってきたな ウィー・ツーニン
  雲見ると 今日どこ行くか 虎形(とらかたち) 考える間に いなくなりけり ジョン・リージャー
  夕映えは 悲しくはない 夕映えは 新しい日が きっとある意味だ テイラー・ラットレイ

  地下鉄の 女学生や 難解で 音楽のよう 速い悪口 ジャン・ジェウォン
  飛行機の 窓から見ると 富士の上 差した月あった ではまた日本 スティーブ・オッティンジャー
  エクセルの クラスに行こうと 思ったが 代わりに水泳 反省します タナフン・レイラポン
  夕焼けが 思い出のように 暮れていく 思い出なんて 私にはない ポール・ワン
  あといちど やろうと言って ふりたてて 心をつかむ 家を出かける ジーイン・チョン

  夏に入る 車から海 待っている あつい砂に よろこんでいる ケリー・マコーミック
  眠りたい 母親に言う いけませんよ うたをうたおう 死ぬほど眠い チンラン・ルー
  弁護士は 自分の声の 音が好き 事務所を出ると 財布が軽いよ アラナ・ストーン




皆さんからいただいたコメントもご紹介いたします。


・川柳の部『はっとする...』は私のことです。共感したので投票しました。

・読ませてくださってありがとうございました。アメリカ文化についても日本語の伝統的な詩で伝えることができましたよね。よかったです。

・日本語の リズムを学び コロンビア♪ 楽しく拝見致しました♪

・毎度、楽しみにしております。今回も力作ぞろいですね。すばらしいです!

・場面や状況が浮かんでくるようなものを一つずつ、各カテゴリーより選びました。

・同じ学生が俳句も川柳も短歌も作っているんでしょうか。作風の似たのを選んでしまったなと思って。「詩」の短歌を最優秀作に押したいです。

・今の学生さんは真面目ですね。世相にジョークの入った詩が無いね。ちょっと淋しい気がする。

・皆さんとてもお上手でした。

・3年生の皆さん、頑張っていますね。それぞれの心情がよく伝わってきました。楽しませていただきました。ありがとうございました。

・年々レベルが上がって来ているように思います。今年はハッとさせられる作品もありました。先生方のご指導の賜物でしょう。

・毎年力作ぞろいで、感動します。情景を詠む、自分の気持ちを表す句、よく伝わってきます。

・川柳が初心者には一番作りやすいのかなあと感じました。

・余韻が残る作品が好きです。

・俳句『寒風や...』:巨大な言語の壁を感じる冬の空
川柳『頑張って...』:同感です。「応援します」も同じかな?
短歌『盛り付けが...』:おふくろの味が一番だね

・名古屋で日本語教師をしております。思わずニヤリとさせられるものがあり、思わず考えさせられるものがあり、興味深く読ませていただきました。575というフォーマットで外国人が心情を表現するのは難しいでしょうが、心に響くものが確かにありました。すばらしい作品をありがとうございました。

・短歌の8番が特にグッと来ました。15年住んだアメリカから日本に帰る時、アメリカの大地を見て、「色々、ありがとう」と心の中で行ったことを思い出します。

・ご無沙汰しております。3年生のみなさんがんばっていらっしゃいますね。日本語の学生さんにユニークな感性が見受けられます。

・今年もレベル高く、しかも内省的な深い作品が多く感心しました。3つだけ選ぶのはむずかしいです。一層のがんばりを期待します。

・いつもコンテストにお誘いいただき有難うございます。楽しく拝見いたしました。

・Quite difficult to pick up only three! Very nice try, and well done to all of you!

・みなさん、とても上手で風情を感じる作品が多くて選ぶのが大変でした。

・I enjoyed reading all. Very very interesting and unique!

・面白、可笑しくやりとりするケータイ的な句が多すぎ。俳句、短歌は一応「詩」ですから、もう少し、詩情がほしい。

・思わず絵が浮かんできたものや、ちょっと立ち止まって考えささられたものや、時間をおいて読み返しときに記憶に残っていたものなどを選んでみました。 これらの学生さんの作品ができるまでにどんなご指導やアドバイス、また活動をされているのかにも興味があります。

・川柳が特に楽しいと思います。短歌も川柳のようなのが多い感じを受けました。3つにしぼるのが難しかったです。

・いやあ、、皆さん お上手で。純粋の 日本人の私、誠にお恥ずかしい。

・日本語が母語ではない学生の感性にはっとさせられます。来年も楽しみにしています。

・これらは、英語で作った俳句を日本語に直したもの、それとも初めから日本語で書いたものですか? 日本語が不自然でしたが、言おうとしている内容を想像して選びました。頑張って下さい。

・すばらしいですね。今後も頑張ってくださいとお伝えください。

・今年も数々の素晴らしい作品を読ませて頂きありがとうございます。皆さん本当に上手に書けているので、関心させられました。

・なかなか面白い作品がありますね。もうどのくらいこのコンテストをやっていらっしゃるのでしょうか。ハワイ大学では詩歌コンテストを始めてから14年目になりますが、学生達が投稿した作品を選考委員(文学関係の先生など)が選ぶという形にしています。不特定多数の投票ではどんな結果がでるのでしょうか。興味があります。 いろいろな作品読ませていただき、楽しかったです。ありがとうございました。

・季節を詠んだ美しい作品や、思わず吹き出してしまいそうなユーモアたっぷりの作品まで様々なものがあってとても素敵です。自分なりに感じたことを五七五で上手に表現されていて感動しました。これからも頑張ってください。

・それぞれの心情が上手に句に現れていると思います。素晴らしいです。

・全部とても面白く読ませていただきました。ありがとうございます。迷いましたが、生活がにじみ出ているような内容の歌に惹かれました。頑張ってください。

・感覚的に選びました。俳句に好きなものが多かったです。

・なかなかおもしろい作品でした。個人的な意見ですが、内容が明確すぎると、面白さが少し半減してしまうのかな…と思いました。作品を作ったときのコメントがあると、もっと面白いのかもしれません。

・非常に楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。

・毎年楽しみにしています。

・毎年楽しみにしています。雪国出身なので、冬の風景を歌った詩には、思わずにやりとしてしまいます。日本から遠く離れた土地で学ぶ人が日本語で書く詩に、共感するおもしろさ、いろんな人に知ってほしいですね。

・今年の作品は上手になったように思います。それにしてもこれだけの作品が書ける日本語力に感心してしまいました。どの作品も字数を気にしながら 気持ちを表そうとしているのが伝わってきました。読ませていただいてありがとうございました。

・とってもいい作品がたくさんあり、迷いあした。皆さんがんばってください。

・ハッとするような素晴らしい作品がいくつもありました。選ぶのに苦労しました。皆さんとても素晴らしい歌を詠まれていると思います。

・短歌『コロンビア...』は、日本と同じようにアメリカの人間関係も難しいのかな、と思ってしまいました。『京都では...』は、若い頃、友人と歩いた京都の景色を思い出しました。英語を母国語にする人が俳句や短歌をよむ、それだけで尊敬します。がんばってください。


たくさんのコメント、どうもありがとうございました。